なんだかものすごく今更な上に唐突な話ですが、その昔『真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス』の、ダンテバージョンパッケージを自作しましたというお話です。

作ったのはもうかれこれ6、7年前でしょうか。標準のパッケージが気に入らない訳じゃない…というかむしろあれはあれで好きなのですが、それ以上にDMC2ダンテ好きの衝動が抑えられなかったのです…!

あ、自作パッケージと言っても自分でイラストを描いたとかではなく、真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスとDMC2の公式画像を切り貼りしてそれっぽくレイアウトしただけというシロモノです。

では早速画像!

真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス ダンテ版パッケージ①

通常のパッケージと並べた写真↓

真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス ダンテ版パッケージ②

真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス ダンテ版パッケージ③

ちなみにこのダンテバージョンパッケージは、その昔クローバースタジオのHPで配布されていたPS2版『ビューティフル ジョー新たなる希望』のダンテバージョンのパッケージに影響されて作ってみちゃった感じです。
※蛇足ですが、ビューティフル ジョーもしっかりダンテ仕様のパッケージに替えてあります(*´◡`*)

さて、話は少し変わりますが、真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスのホームページがいつのまにやら消えてしまっていたようですね。なんとなく久々に同ソフトの公式ホームページが見たくなったのでアクセスして見たところ、Not Found の文字が現れてビックリ!

それから数日間、定期的にアクセスを試みたもののやはり変わらずNot Found。どうやら公式ページをまるっと消してしまったっぽいですね…いつ頃かは定かではありませんが、消されてからだいぶ経っているような感じもします。

真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスの公式ページのURLはこちら。
http://www.atlus.co.jp/cs/game/pstation2/dds3-m/index.html

以前に撮っていた公式ページのスクリーンショット↓

真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス

うーん、この記事を書いている時にも試しにアクセスしてみましたがやはりダメですね。非常に残念です…。

真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスとは?

そもそも真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスを知らないという方にご説明すると、 2003年にアトラスより発売されたPS2ソフト『真・女神転生III-NOCTURNE』の改訂版として、 2004年に期間限定で生産されたソフトです。ゲームジャンルはRPG、キャッチコピーは「悪魔は2度生まれる」。

ちなみに、通常版の真・女神転生III-NOCTURNEの公式ページには今でもちゃんとアクセスできます。
http://www.atlus.co.jp/cs/game/pstation2/dds3/

Shin-Megami-Tensei-Lucifers-Call

こちらはEU版パッケージ。欧州では「ノクターンマニアクス」ではなく”Lucifer’s Call”という副題がついています。北米版ではマニアクスがつかず「ノクターン」のみ(内容はマニアクス)。

通常版とマニアクスとの違いは、ゲームバランスの調整、新しいボスの追加、新しいダンジョン「アマラ深界」の追加…などなど挙げられますが、DMCファンとしては見逃せない最大の特徴はというと、Devil May Cryの主人公であるダンテがゲスト出演しているという事に尽きるでしょう。

ダンテはDMC2の姿で登場し、ボスとして主人公たちと刃を交え、またストーリーが進むと”仲魔”として共に戦うことができるようになります。

発売当時、それはそれは衝撃的だったのを覚えています。まさかダンテが女神転生の世界に登場するとは思いもよりませんでした。 当時は女神転生の事をあまりよく知らず、それほど事前情報等を集めていたわけでもなかったため、 期間限定生産という事に気づかず危うく買い逃すところでした(´▽`;)

真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス

プレイした感想は、「ダンテ in RPG」というのがとにかく新鮮。そして戦闘のアクションやらセリフなんかもいちいち格好いい。強い!それでいてボスとしても、仲魔としても女神転生の世界にものすごく馴染んでいました。姿はDMC2ダンテですが、DMC2本編のダンテと違って饒舌なのも特徴の一つですwただ、ダンテ参戦に釣られて購入したものの、ダンテ抜きにしてもゲーム自体かなり面白いと感じたのをよく覚えています。

マガタマ、プレスターンバトルといったバトルシステム、戦略立てて悪魔を育成・合体・パーティ編成する楽しみ、そしてコトワリという”理念”によって左右されるストーリー… そのすべてが絶妙にマッチしていて、終始ワクワクしながら楽しんでプレイすることができました。あとはダンテ含め、追加要素の魔人たちとの戦闘が印象に残っています。とにかく苦戦したので…;

期間限定販売だったために現在は廃版となっており、今から入手するのはなかなか困難だとは思いますが、プレイして損はないと思います。もしチャンスがあれば是非プレイしてみてください!

 

  

Responses to this entry

Comments (4) :

  1. Unknown says:

    ダンテへの愛が凄い…

  2. sofs72 says:

    真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス:ダンテバージョンパッケージ(自作)|Devilish Design http://t.co/WJsbj2DPF8 @javelina_devilさんから 真3でこれ思い出した、これで公式再販してくれないかしら

  3. jmwtjam says:

    RT @sofs72: 真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス:ダンテバージョンパッケージ(自作)|Devilish Design http://t.co/WJsbj2DPF8 @javelina_devilさんから 真3でこれ思い出した、これで公式再販してくれないか…

  4. dasher_ninezero says:

    真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス:ダンテバージョンパッケージ(自作)|Devilish Design http://t.co/FZpvQ2aqna @javelina_devilから

Leave a Comment

*コメント本文以外の項目の入力は任意です。

Submit Comment

Trackback URL :

Let's Play Devil May Cry!

Devil May Cry(PS2) Devil May Cry2(PS2) Devil May Cry3 Special Edition(PS2) Devil May Cry4(PS3) Devil May Cry HD Collection(PS3)
 
DmC Devil May Cry(PS3) Devil May Cry4(for Windows) Devil May Cry4 Refrain