欧州版デビルメイクライHDコレクションを手に入れたので、海外のフォーラムなどで以前から話題に上っていたDMC2のスーパーダンテモード(DTゲージが枯れないモード)をようやく試すことができました。

繰り返しますが欧州版でのみ使用できるモードですので、日本版・北米版のHDコレクションでは使用することができません。 そのためか、私が知る限りでは日本で話題に上がっているのを未だ見かけた事がありません。ですがYouTubeに数点このモードを使用している海外プレイヤーの動画が上がっていたりするので、存在自体は知っている方もいるかもしれませんね。

DMC2HD(欧州版):スーパーダンテモード

動画はPS3版ですが、Xbox360版でも可能なようです。 動画にもコマンドの説明図を入れていますが、より詳しく使用方法を説明します。

使用方法

  1. ミッションセレクトが可能な状態にあるセーブデータをロードする
  2. キャラクターを選択し、ミッションセレクトへ進む(どのキャラでもOK)
  3. ミッションを選択(ブラッディパレスでもOK)し、L2+R2ボタンを押したままにする
  4. L2+R2ボタンを離さずに、決定ボタンでミッションを開始する

以上です。

私が知った方法では“L1L2R1R2を押しながらミッションを選択し、L1L2R1R2はミッションが始まるまで離さない”という風に説明されていましたが、実際はL2+R2のみでOKでした。 またL1L2R1R2を押したままさらに銃撃ボタンを押して少し待つとノイズ音が聞こえるので、それを確認したらミッションを選択という記述も見かけましたがそれも必要ありません(というか上記の通りやっても何も聞こえませんでした)。 さらにL2+R2ボタンはミッション開始まで押しっぱなしにしておく必要もなく、ミッションを決定したら離してしまって大丈夫です。

成功すると、ミッション開始直後にグングンとDTゲージが溜まっていき、そのまま減らない状態になります。

DMC2スーパーダンテモードの仕様・特徴

DMC2におけるスーパーダンテモードの特徴は以下のような感じです。

  • 魔人化時の体力回復が無い(ヒーリングハート装備で回復できるようになる)
  • ダンテ操作時における真魔人化ができなくなる(通常の魔人化になる)
  • ルシアでDTを大量消費する特殊技(ディバインアンガー)を使用しても一切DTは減らない
  • ミッションをクリアして次のミッションに進んでも、スーパーダンテモードは維持される
  • ミッションセレクトorブラッディパレスで開始する時のみ使用可能。ニューゲームでは使用できない
  • ミッションクリア時のデビルハンターランクには影響しない

他のナンバリングにおけるスーパーダンテと大体同じような感覚ですね。 真魔人化できなくなるというのは妥当かなと思いつつもちょっと意外な仕様でした。「真魔人時は通常通りDTゲージを消費し、真魔人が解けた後、再度DTがフルまで溜まる」とかそんな感じかなと思っていたので。 あと個人的には、デビルハンターランクに多少のペナルティはあってもよかったんじゃないかなと思います(例えば評価項目のどれか一つ、Bを上限にするとか)。

※追記。動画をアップした後に頂いたコメントで知ったのですが、スーパーダンテモードでもヒーリングハートを装備すれば魔人化中の回復が行えます。 2ならではでちょっと面白い仕様ですね。ダメージを気にせずガンガン特攻できるようになるので、クロノやオフェンスよりもある意味爽快かもしれません。

さて、こんな感じのDMC2スーパーダンテモードですが、 折角使えるようにはなりましたが今後のプレイ動画で使用することはまずないかなと思います。 スーパーダンテでの独自仕様を新たに見つけたとかなら話は別ですが、 基本的に一部のソフトでしかできないことを動画にしてもほとんど意味ないと思うので…。

このモードのために欧州版を買ったほうが良いかというと…
既に日本版か北米版を持っているのであれば、これだけの為に購入するのはちょっと微妙かもしれませんね。 ただ、まだHDコレクションを所持しておらず、かつパッケージや説明書(※)が日本語表記でなくても良いという方は、 欧州版の購入を検討してみてもよいのでは、と思います。
※ちなみに北米版でもそうですが大部分の海外版ソフトの説明書はかなり簡素で、日本版ほど装丁に凝ってはいません。 DMC HD Collectionも例外ではなく、日本版と比べるとかなりシンプルな説明書になっています。

以上!

  

Responses to this entry

Comments (6) :

  1. Hell_wakame says:

    RT @javelina_devil: ブログ更新。DMC2 スーパーダンテモードについて(欧州版HD Collectionのみ)|Devilish Design http://t.co/ZKRNLoiSiF

  2. gari093 says:

    DMC2 スーパーダンテモードについて(欧州版HD Collectionのみ)|Devilish Design http://t.co/Fm0CFXpAjj @javelina_devilさんから

  3. Unknown says:

    初めて知った。私はこの一点だけでの買いを「ゲーム下手だけどゲームが好きな人」に薦めます。かく言う私もその一人です。上手な人ならあの手この手で全ステージをDMDでSランクを叩き出すのでしょうがそこまで拘りがない人だとDMC2は回避中心のクルクルバンバンゲームとなり雑魚を圧倒して蹴散らすという爽快感がありませんでした。デビルゲージもすぐに無くなりますし、無理矢理アイテムドーピングもできますがいちいちそれを繰り返すのも億劫になるというもの。そういう観点から私は「DMC2にSDモードがあればもっと長く遊べたのに」と常々考えておりました。まさか今日こんな形でその情報を得られる事になるとは思いませんでした。ありがとうございます。私の場合は3のSEも無いのでネロアンジェロも是非使ってみたいと思うわけですがそれを抜きにしても2のSDは私の目には魅力的に映ります。

  4. javelina_avatar

    Javelina says:

    >Unknownさん

    DMC2は走るより回避の方が早いので、戦闘でもクルクル、戦闘以外でもクルクルとなってしまうんですよね;
    「回避行動でコンボ評価が途切れない」という仕様もそれに拍車をかけていると思います;
    デビルゲージもすぐ切れる割に溜まるのが遅いんですよね(ルシアは早めですが)。その代わりに魔人を高性能にしている感もありますが…。高性能なだけに逆に勿体無いんですよね。
    そのあたりのバランスを改善するだけでも大分印象は違うだろうになあ…と思います。
    DMC2のスーパーダンテモードでは、特にクイック+クロノの組み合わせで使うとDMC2のモッサリ感が大分改善されたように感じるかもしれません。
    ルシアは元々の素早さも相まって大暴れできるので爽快です。
    記事内に書き忘れてしまいましたが欧州版でも日本語字幕でプレイできますので、是非入手をご検討してみてください^^

  5. No.3 says:

    おぉ、日本語字幕付きなんですか。あれから注文しましたがますます楽しみになりました。ぶっちゃけSDにでもならない限り、炎牛やら骨剣士なんかまともに斬り続けられそうにないんですよ・・・普通にやってると炎牛(というか半分くらいの敵)は安全圏からミサイルランチャーぶっぱなしがメインのダメージソースになりますし骨剣士に至ってはDMDだとアイテム漬け若しくは上手い事HP調整して真魔人にならないと勝てません(泣)発売されて10年以上立ちますがこれでようやく雪辱を果たすことができそうです。

  6. javelina_avatar

    Javelina says:

    >No.3さん

    おお、既に注文されていたのですね。一皮むけた(?)DMC2を是非楽しんじゃってください^^

    >おぉ、日本語字幕付きなんですか
    そうですね~、日本語版でもそうなんですが、ゲーム中の字幕はPS3本体の設定に左右されます。厳密には、オープニングの警告画面(ダンテがガラスを割る例のやつ)の文章が日本語版では本体を英語にしても日本語のままなのに対して欧州版は英語になっている、という違いがありますね。

Leave a Comment

*コメント本文以外の項目の入力は任意です。

Submit Comment

Trackback URL :

Listen to the Devil's tunes!

DEVIL MAY CRY ORIGINAL SOUNDTRACK DEVIL MAY CRY2 ORIGINAL SOUNDTRACK DEVIL MAY CRY3 ORIGINAL SOUNDTRACK DEVIL MAY CRY4 ORIGINAL SOUNDTRACK DEVIL MAY CRY DANGEROUS HITS
 
DEVIL MAY CRY SOUND DVD BOOK THE SACRED HEART DEVIL MAY CRY2 SOUND DVD BOOK DANCE WITH THE DEVIL DEVIL MAY CRY3 SOUND DVD BOOK RAISING THE DEVIL DEVIL MAY CRY FILM DVD BOOK the trinity of fates